無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

2017年12月17日 (日)

江戸川俳連 柴又山本亭 吟行句会 ②

Dsc_0935171212manu
柴又帝釈天帝釈堂と瑞龍のマツ↑

Dsc_0938171212

境内左手にある湧水↑


Dsc_0943171212manu
帝釈堂入口の木彫彫刻↑

その2
 その閑散とした参道をしばらく行くと、帝釈天の立派な山門が見えてきます。山門の前には稲荷山公園吟行句会で見た丸ポストがあり、現役で働いているのに驚きました。また、山門の両サイドの中には小振りな仁王様が硝子に守られていました。硝子に後ろの景色が映り込みよく見えませんでしたが。
 山門から中に入ると正面に帝釈堂があり、その前を松の枝が守るかのように伸びています。この松を瑞龍のマツといい、枝が長く伸びた様を竜が天に昇ると見立てたようですね。この松とそばに湧いていた泉がこの地に帝釈天を開基するきっかけとなったとのことです。近所の方でしょうか、ポリ容器にこの水を入れている女性がいましたね。この帝釈堂には多くの木彫装飾が施されていて、じっくりと見たいところでしたが、なんぶん吟行句会ですので先を急ぎました。 つづく 

2017年12月14日 (木)

江戸川俳連 柴又山本亭吟行句会 ①

Dsc_0920171212
柴又駅前で行き会った仕事に行く寅さん↑

Dsc_0923171212_2
まだ営業前の閑散としている参道↑

Dsc_0928171212
柴又帝釈天の立派な山門↑

その1
 前回、江戸川区俳句連盟の秋の大会のつながりで2017/12/12火曜に、葛飾区柴又の山本亭吟行句会の取材に行ってみました。練馬から柴又までは約1時間ほどかかります。まず、池袋まで朝の混雑する西武池袋線で行き、山手線に乗り換え日暮里で降ります。そして、乗ったことのない京成線ホームから特急成田行で二駅目の京成高砂で降ります。ここで乗り換えるわけですが、同じ京成電車なのに一旦改札を出てから京成金町線に乗り換えます。しかし、料金は通しとなっているようで、乗り換えに時間をかけなければ金町線の分は、ICでは無料ですね。
 まあ、3回も乗り換えてなんとか予定通り9時半頃に柴又に着きました。まだ、観光客は来ない時間のようで、仕事に向かう寅さんに出会いました。「帝釈天ならあっちだよ」と気軽に声を掛けてくれる辺りは、さすが葛飾柴又だなぁと思いましたね。 つづく

2017年12月 9日 (土)

年末の石神井公園

Dsc_0762171128
11/28の石神井公園三宝寺池ですが、今は紅葉はもう終わりで、ラクショウの黄が極まっているところです。今日は休日なので幾分人が多かったですね。でも、夏のような賑わいはなく、池には大判小判ではなく、オオバン、バン、カイツブリ、キンクロハジロなど、水鳥が幾分いました。以前は盛んにみんな餌やりをやっていたので、鴨たちも目の色変えて、元々カモ知れませんが、集まってきたものでした。それも今は禁止となってあまり寄りつかなくなったというわけですね。餌の切れ目が縁の切れ目というところでしょうか。きょうの夕日は綺麗でしたね。

2017年12月 3日 (日)

稲荷山公園吟行句会 ②

Dsc_0787171129
稲荷山公園内↑

171129
園内の狭山市博物館前のペンキのはげた丸ポスト↑

Dsc_0791171129
公園そばの総合施設サピオ稲荷山内の食堂でランチ↑

その2
 集合時刻まで待っている間に幼稚園のバスと思われるちょっと面白い形をしたのが2台通りました。フロントの丸みを帯びた出っ張りが飛行機のようでも有り新幹線のようでもありました。それに乗ってきた園児でしょうか、公園内に入ったところで、列を作って通り過ぎる子ども達に遭遇しました。かなり小さいです。どうやら同じ時間に散策のようですね。我々は一旦解散して2時間弱ほど園内を吟行しました。花はほとんどない殺風景な公園ですが、桜の時期は綺麗だと思います。起伏が有り、散歩やジョギングには丁度いい公園ですね。紫陽花の返り花が少しありました。
 ただ、一つ問題があります。それは入間基地を発着するジェット機と思われる飛行機の騒音です。普通の飛行機とは違う、天空全体から降ってくるような轟音が時たま聞こえます。慣れればどうと言うことはないのでしょうが気になりました。
 園内には狭山市立博物館があり、入場料が150円かかりますが、広い蒲鉾形の天井の館内には狭山の自然と風土が分かるような展示がたくさんあり、吟行でないのならゆっくりと見たいところでした。
 句会はすぐ近くの、プールもある「狭山市ふれあい健康センター サピオ稲荷山」の会議室で行いました。総数12人で5句出し60句、7句選25分。選句の感想がたまに聞かれます。1時から4時までの3時間でした。 おわり

2017年12月 1日 (金)

稲荷山公園吟行句会 ①

Dsc_0780171129
西武池袋線 稲荷山公園駅北口↑

Dsc_0781171129
稲荷山公園入口↑

Dsc_0785171129
公園に遠足にきた小さな園児↑

その1
 11月29日水曜日の絶好の吟行日和に、杉同人の今村先生が開催している句会の吟行句会にお邪魔しました。西武池袋線の石神井公園で急行飯能行に乗り換え、30分弱で稲荷山公園駅に着きます。途中の車窓からは富士山がややぼうっとではありましたが見えました。心地よく郊外を飛ばす西武電車に久し振りに乗りました。駅に降り立つとひんやりとした空気が、あっ、練馬と違うなと感じさせました。同じ電車で見えたらしい今村先生と、待ち合わせ場所の駅入り口へと歩きました。駅前にはバスのロータリーがあり、学園のバスを待つ長い学生の列が目に付きました。しかし、改札横にコンビニが一軒ある以外は駅前に店は見当たりません。自販機が2台ある程度です。なんという殺風景な駅前でしょう。というのも、たぶん、すぐそばには広い稲荷山公園が有り、また、自衛隊の入間基地があるせいではないかと推測しました。つまりは住宅があまりないところのようですね。 つづく


2017年11月21日 (火)

青山絵画館前銀杏並木

Dsc_0724171116man
青山の絵画館前銀杏並木↑

Dsc_0719171116
青山の絵画館前銀杏並木の歩道↑

 先週の木曜日に青山の講座がありましたので、ついでにあの有名な絵画館前銀杏並木に行ってみました。毎度のことですが、銀杏の木が一斉に黄葉とは行かないのが難点ですね。綺麗に黄葉しているのもあれば、まだまだというのもある感じです。人はいつものことですが平日でも多いです。休日ともなれば恐ろしい混み方でしょうね。銀杏黄葉より人の数のほうが多いかもです。特に多いのが中国語を話す人。観光バスで乗り付けてどっと来るようです。日本語を話す人より多い感じですね。やはりここは青山と感じるのが、人々の顔つき。何となく品がよくお金持ちの雰囲気。2つのカフェ、レストランには凄い行列が出来てました。

2017年11月18日 (土)

練俳11月定例句会

Dsc_0681171112
練馬ココネリホール句会場(画像処理有り)

11月12日(日)に11月定例句会をココネリホールで行いました。

今回は豪華な椅子を使用して高級感を出しました。
出席26名 欠席投句14名 合計40名
次回は12月10日 第2日曜日
11時受付開始 12時半投句締め 1時開始
当季雑詠3句
会費1000円 会報は次回の定例句会の時お渡しします
          出席できない方には郵送します
初めての方はご住所、電話、お名前の登録をお願いします

2017年11月15日 (水)

千鳥ヶ淵戦没者墓園

Dsc_0677171111aut
お昼に出たお弁当↑

Dsc_0679171111
吟行地の千鳥ヶ淵戦没者墓園入口↑

 11月11日の土曜日に、テレビでお馴染みのKM先生の吟行句会に参加いたしました。千鳥ヶ淵戦没者墓園と千鳥ヶ淵を歩きました。まずはお昼のお弁当を句会場で食べて腹ごしらえをしての出発です。弁当のエビは美味くなかったですがサケはおいしかったです。

 千鳥ヶ淵戦没者墓園の入口で迎えてくれたのが石蕗の花と枯蟷螂です。見事な枯れぶりに拍手です。隣に緑の蟷螂もいましたが、本当に枯葉のような風体に驚きました。死んでいるのかと触覚を触ると頭をこちらに向け睨まれました。
 この吟行の様子は日テレの朝の番組で放送とか言う話でしたが、いつなのか聞きそびれました。


2017年11月10日 (金)

11月定例会のご案内

Img_79332017171110
先月の秋の大会の大会報完成↑、

 先月の秋の俳句大会報がやっと仕上がりました。11月定例会でお渡しします。
大会参加で来られない方には郵送いたします。
 今回は先月の大会が第四日曜日でいつもより遅く、今月の定例会が第二日曜なので、その間3週間と短く、大急ぎで原稿を書き、印刷屋にも納期を指定して、それに合わせて校正印刷しましたのでかなり慌ただしく作成しました。


11月定例句会は平成29年11月12日(日)
西武池袋線 練馬駅直結ココネリホール3F
11時より受付、12:30投句3句締め切り、1時開始
参加費 1000円
初めての方は、ご住所、お名前、電話番号のご記入をお願いいたします。
句会報は次回の定例会の時にお渡しいたしますが、来られない方は郵送いたします。

2017年11月 9日 (木)

江戸川区文化祭俳句大会 ③

Img_7921Dsc_0658171103
江戸川区文化祭俳句大会参加賞と新小岩駅前アーケード↑

その3
 レストランで考えた席題の紅葉を短冊に書き会場の投句箱に投句しました。締め切りの終わり近くでしたが短冊は溜まってなく、どうやら投句されたのをこまめに清記していくようでした。後の句会で配られた選句用コピー紙には全65句の62番ですので、やはり投句された順番に清記していく方式のようですね。
 まずは事前投句分の表彰です。高得点順に1位から5位までを区長賞、区議会議長賞などと発表がありましたが、選句稿の番号と得点の発表がなく戸惑いました。この受賞者は壇上に上がり賞状と賞品が授与され記念撮影です。このあと6位から10位までの発表があり、同じように表彰いたしましたが、こちらは番号の発表がありました。そのあとに選者賞の発表となりました。3人の表彰をし、入選句の発表に移り表彰し記念撮影です。最後に互選賞として50位までの発表があり、賞品の色ペンセットを渡していたのは凄いと思いました。そのあと1句出しの2句選の句会があり終了となりました。 おわり


«江戸川区文化祭俳句大会 ②