無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 虫達の夏物語 ⑤ | トップページ | 回想 横浜吟行句会 ② »

2016年8月24日 (水)

回想 横浜吟行句会 ①

P1180237160706aut
↑横浜コスモワールドの無人の観覧車

P11802451600706aut
横浜コスモワールドの無人のジェットコースター


 2ヶ月ぐらい前になりますか、舞俳句会の吟行月、7月第一週の水曜日に横浜で吟行がありました。まだ書いていなかったので振り返ってみたいと思います。あの日はいつものように西武池袋線から地下鉄副都心線、そして東急東横線からみなとみらい線と直通の電車でみなとみらい駅まで行きました。最近は急行をFライナーとか言う名前に変えました。地下鉄内が急行で東急線内が特急。そして、みなとみらい線内が急行となります。この直通電車のお陰で横浜まで行くのが大変楽になりました。以前ですと、混雑するターミナル駅での乗り換えが必須でしたので嫌でしたが、直通になってからは、ホームでの乗り換え、または、まったくの乗り換え無しで行ける場合もあり助かります。なぜみなとみらい駅かというと、みなとみらい線の急行停車駅が、横浜の次がみなとみらい駅で、その次が終点の元町・中華街駅となるからです。

 今回はみなとみらい線の日本大通り駅近くが句会場ですので、各停の2つ手前の駅から歩くことにしました。近未来の駅のような地下大空間のみなとみらい駅のホームから地上までは長いエスカレーターに乗ります。海のすぐ近くにもかかわらず、このような大空間があることに不思議を感じます。万が一海水が流れ込めば、あのポセイドン・アドベンチャーのようなパニックになることは必須と思われます。かといって、ここに来るのに足ひれや酸素ボンベを持っては面倒ですし、その時はその時。諦めるしかありません、などと考えながら長いエスカレーターを登っていく途中には、なにやら、中国語の案内が聞こえたりします。エスカレーターのどこかにスピーカーが仕込まれているのでしょう。そこから地虫のように地上に出たところが写真のコスモワールドという遊園地の前の所です。この日は曇りでラッキーと思いました。なにしろ、広大なところで日差しがサンサンでは歩けません。  つづく

« 虫達の夏物語 ⑤ | トップページ | 回想 横浜吟行句会 ② »

舞俳句会」カテゴリの記事

コメント

みの 様
おはようございます
横浜の港の近くにしばらく住んでいた事があるのですよ^^
ランドマークが出来上がった頃に
ランドマーク初日開業の日長い行列に並んで
展望まで^^
横浜の地下街に入るといつも酸素が足りないと思っていましたね

こんにちは、巫女さん。

そうでしたか、横浜と神戸は似ているのでは?。。埼玉はまるで違うと思いますが。
ランドマークタワーは今でも休日は行列じゃないですかね~。。。
一度登ってみたいとは思ってますが、建物だけでなく値段も結構高いですね。

横浜地下街は最近になってうろうろしましたが、地上よりにぎやかな所で、蟻の巣の中を彷徨っているよう。。。
逆の海側の方は、今、再開発でしょうか、高層マンションの建設ラッシュのようでした。

こんど吟行でいかがですか~。。。

 都会の真ん中で、吟行する際のポイントとかありますか?(私は、よく迷うのですが・・・)「舞」も結社として大きくなると、どこか田舎へ「一泊吟行」の企画が立ち上がるかも。(ぶどう狩りとか)

追伸、『角川 俳句9月号』に寄稿しています。(舞岡公園で詠んだ句も含む)

こんばんは、海音さん。

都会の真ん中では公園でも行かないと詠めませんね~。
自然もどきの景色をながめて無理矢理作るしかないのでは。

一泊吟行の件ですが、あるという極秘情報も、、、お月見かな~。

角川9月号見ました。今月号はお得です。海音さんの句はあるし、あの、いつき組長の新宿俳句対局の岸本葉子のレポートもありますしね。
海音さんの句は、滴りのと、わが胸にが出てますね。滴りのは字がわからなくて採り損なったのでした。わが胸にはしっかりF子さんとともに採ってますね。
それから、コメントにある黒岩さんですが、こないだの本部句会に見えてましたね。K山さんがアプローチしたようです。その黒岩さんと私ともう一人がK山さんの句を採っていて、それが主宰の特選句でしたね。
さらに、平成俳壇で、わたくしのどくだみの句が主宰の秀逸に。間違えたのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虫達の夏物語 ⑤ | トップページ | 回想 横浜吟行句会 ② »