無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 虫達の夏物語 ② | トップページ | 虫達の夏物語 ④ »

2016年8月19日 (金)

虫達の夏物語 ③

Img_2623160818auttri
↑葉裏に隠れるツマグロヒョウモンの豹太君

Img_2634160819mantri
↑ランタナから飛び移ろうとするカマキリの鎌子さん

 きのうは結局、朝から激しい雨が降ったり止んだりの繰り返し。そんな中、ツマグロヒョウモンの豹太君はスクランブルに疲れたのか、午後になってポツポツきたところで葉の裏で休憩です。しかし、天気はすっきりと回復せず、このまま夜を過ごしたようです。しかし、どうせ雨をしのぐならもう少し大きな葉の裏にした方が雨がかからないと思うのですが、なぜか、こんな細い葉の裏に隠れました。たとえ濡れても辺りを警戒することを怠らない見上げた根性だとも言えますが。
 そしてきょうは雲が多いながらよい天気となりました東京地方です。きのうの悪天候で腹を空かしていたカマキリの鎌子さんは、獲物探しに夢中です。ランタナから隣のボタンクサギへとジャンプしようとしています。ヘビー級だけに葉が大きく揺れました。春先にボタンクサギの葉の上にいたあのちっちゃなカマキリが、こんなにでかくなってしまいました。それも何れは卵を生んで消え去る運命ですが。

« 虫達の夏物語 ② | トップページ | 虫達の夏物語 ④ »

庭の動植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虫達の夏物語 ② | トップページ | 虫達の夏物語 ④ »