無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 鎌倉虚子立子記念館と墓 | トップページ | 鎌倉虚子立子記念館と墓 ③ »

2017年2月23日 (木)

鎌倉虚子立子記念館と墓 ②

Img_6148170213
鎌倉虚子立子記念館入り口↑

Img_6151170213
鎌倉虚子立子記念館玄関↑

Img_6152170213aut
鎌倉虚子立子記念館応接間↑

その2
 鎌倉駅から虚子立子記念館まではバスで大塔宮まで乗りそこから歩きます。わりと本数のあるバスですので助かります。途中鶴岡八幡宮の前を通りますので帰りはこのバスで寄ってもいいかと思いました。終点の大塔宮は鎌倉宮のそばで寄ってみたいところですが、予定より30分遅れの到着ですので、記念館の方へと急ぎました。裏道を車に注意しながら歩いて行くとポストの分岐点に着きますので左へ行く川沿いに行きます。右手に生け垣の手入れの行き届いた邸宅が目的の所です。大きな看板などはありませんので、しっかりと地図を見ながら行かないとわからないと思いますね。道沿いの小さな川を渡ったちょっと小高くなった邸宅です。 つづく


« 鎌倉虚子立子記念館と墓 | トップページ | 鎌倉虚子立子記念館と墓 ③ »

都外小旅行」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。立子記念館応接間は意外に庶民的ですね。ここの館長は星野高士氏でしたかね?いい句はできましたか?

こんばんは、海音さん。

庶民的ですか。ブルジョアの邸宅という感じですが。

館長は東京住まいだそうです。応対は年配の男性一人。

サッパリです。こういう所では無理かな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉虚子立子記念館と墓 | トップページ | 鎌倉虚子立子記念館と墓 ③ »