無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 練俳1月定例句会 | トップページ | ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」 »

2017年2月 9日 (木)

第5回小松ビジュアル俳句コンテスト

Img_6104170208
上等な布張りファイルに入った賞状と作品プリント↑

Img_2721up
セセリチョウのアップ↑         黛まどか先生選評↓

Img_6104170208_3

Img_6105170208
上等な桐箱に入った田村星都氏制作の賞品の九谷焼皿

 海音さんご紹介の「奥の細道ゆかりの小松」PR委員会主催、第5回小松ビジュアル俳句コンテストに幸運にも入賞いたしました。2月4日(土)の表彰式には出席できませんでしたが、こんな素敵な賞品と賞状を送って頂きありがとうございます。賞品の九谷焼は入賞した俳句と、蝶の絵がデザインされた素晴らしいものでした。
 入賞部門 北枝の部(黛まどか氏選)

 小松ビジュアル俳句コンテスト
「歌舞伎のまち小松」の部(テーマ:安宅) 応募34作品
  森村誠一氏と織作峰子氏選1点
  黛まどか氏選1点
「芭蕉」の部(テーマ:雨) 応募79作品
  森村誠一氏、黛まどか氏、織作峰子氏の各1点
「北枝の部」(雑詠) 応募124作品
  森村誠一氏、黛まどか氏、織作峰子氏の各1点
その他入選 各氏3点



« 練俳1月定例句会 | トップページ | ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」 »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

受賞おめでとうございます🎉
賞品のお皿も素敵ですね。
これ、俳句の取り合わせみたいに、写真と俳句はうまいこと離すんですね。
素晴らしい。おめでとうございます。
めぐみ

こんばんは、めぐみさん、ありがとうございます。

わざわざ、句を入れて焼いてくれたんですね。なかなか粋なことやりますね、小松市は。
できれば小松市まで行って表彰式に出たかったのですが、なにしろ遠すぎて。

写真と句の関係は、付かず離れずというところでしょうか。その辺のさじ加減が微妙ですね。

おめでとうございます!
小松、九谷焼ということは石川県の小松ですよね〜!
なんと私のお隣の県ではありませんか。
こんな素敵な俳句コンテストで、素敵な賞品ゲット、羨ましいです(*゚▽゚*)

北枝の部。。。北枝ってなんだろ?
これも芭蕉みたいに人名なのかな。

写真は蝶ですか?
この横からのシルエットがサングラスの形ってことかしらと眺めています。
あ、全然違うの。。。だったらごめんなさいです(^O^)

みの様 こんばんは。
すごい記事をアップしてる~

受賞 おめでとうございます。

(あら 露玉ちゃん。。元気してる?ここで 会えて 嬉しいわ!)

もっと 大きな写真が見たいです。そうね。。。黒い蝶が サングラス?

なんと立派な賞品なんでしょう~家宝になりますね。パチパチパチパチ~

こんばんは、富山の露玉さん、ありがとうございます。

ほんと、露玉ちゃんの近くですね。代わりに授賞式に出て、黛まどかさんから表彰してもらえば良かったですね。 (*^O^*)

立花北枝(たちばなほくし):江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人。金沢に住み刃研ぎを業とした。芭蕉に入門して北越に蕉風を広めた。(広辞苑より) だそうです。知らなかった~。すみません。。。

見にくくて済みません。この蝶の目がサングラスを掛けているように見えました。

こんばんは、華子ちゃん、ありがとうございます。

黒い蝶の目がサングラス、ですね。アップを入れました。

ほんと、こんな立派な賞品とは思いませんでした。小松市はスゴイ。
朝カルのミカン一箱よりいいかもね。

みの様
先輩!おめでとうございます(^o^)
明るいニュースが飛び込んできましたね
よかったですね

こちらまでルンルン気分になりました。

こんにちは、巫女さん、ありがとうございます。

賞をもらうのは久し振りです。もっともこのところ投句で忙しく、投稿してませんでした。

春ですから、楽しく暮らしましょう、といっても今日は風が強くて寒いです。

 ご受賞おめでとうございます!せっかくですので『舞』の消息欄に書いて下さいませ。今月はM田さまが、登場されていましたねー。

こんばんは、海音さん、ありがとうございます。

その件でしたら、すでに、主宰の方へ報告済みです。
このような機会を与えて頂いた海音さんに感謝いたします。
しばらく忘れていた写真と俳句でした。

O川さんが「熊樫」を書評されているんですね。これは茨木和生氏の句集で、I上弘美先生の講座で取り上げたことがあったかと思います。その講座も今年度で終了ですが。

みの様 こんばんは。

はいはい お写真のアップ ありがとうございます。

おおお これは まさに サングラス!
それに お年寄りにも見える!!

こんにちは、華子ちゃん。

そう見えるでしょ、この蝶。
地味だし、花に止まっているのではなくシルバーの手摺というのも爺臭い。 (^_^)
しかし、美しい黛さんがよく取ってくれたと思います。

みのさん、こんにちは。

素晴らしい賞おめでとうございます。

すごく出遅れました。

この離し具合がすごいです。
俳句だけでも、スッと立つ御句にほれぼれ♪

追伸、毎日俳句大賞の方は残念でしたね。『作品集 大地の俳句』で魂の句、見ました。華子さんの句も見ました。

こんばんは、おたまおばさま、ありがとうございます。

無理に誉めて頂き光栄です。

この絵皿で目刺でも食べようかと思います。

こんばんは、海音さん。

その本まだ見ていないので、どうなってるのかさっぱり。

ま、俳句αは取るのやめましたから、最後ですね。
どうも、編集部で落とすというのが気に入りません。

みのさん!おめでとうございます!!!
ほんとに、サングラスかけてますね。どや顔のようです~
まどか先生の選評も是非大きくしてみせてください。

こんばんは、まどんさん、ありがとうございます。

わっ、わかりました! 気がつきませんで。。。
まっ、ど~ん、と大きくしましたのでご覧下さい。 (^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 練俳1月定例句会 | トップページ | ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」 »