無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 鎌倉虚子立子記念館と墓 ④ | トップページ | 鎌倉虚子立子記念館と墓 ⑥ »

2017年3月10日 (金)

鎌倉虚子立子記念館と墓 ⑤

Img_6226toriauto
鎌倉左可井のうどんセットでランチ↑

Img_6226toriauto_2
鎌倉左可井の雛飾と掛け軸↑

Img_6229
鶴岡八幡宮本宮の三の鳥居↑

その5
 小さな虚子像に別れを告げて鎌倉虚子立子記念館を後にしました。帰りがけにちょっと庭へも行ってみましたが、句碑が沢山ありました。川沿いの小道を元に戻ります。途中に野菜や果物を売っている店がありました。ちょうどお昼でどこかでランチをと思いましたが近くには良さそうな店がありませんでしたので、ちょっと歩きますが、駅横の観光案内所で聞いた評判の店に行ってみることにしました。こちらも、川沿いの一般住宅のお店で、地図を見ながら行かないと見落としそうなところは記念館と同じですね。鎌倉にはこういう所が多いのでしょうか。並んでいるかもしれないという案内所の説明でしたがすいていました。そうめんセットというのが穴子丼も付いててお得かと思い頼みました。本当に一般住宅のリビングルームと畳の居間がお食事処という感じでしたね。くつろげる畳の方で食べました。味はもちろんのこと雰囲気も良く来てよかったと思いました。ここからは歩いても鶴岡八幡宮本宮へは行けそうですが、道が狭くて車が頻繁に通るのでバスにしました。  つづく



« 鎌倉虚子立子記念館と墓 ④ | トップページ | 鎌倉虚子立子記念館と墓 ⑥ »

都外小旅行」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。写真を見る限り、句材が豊富ですね。穴子丼も雛も季語。今日届いた「舞」で、雑詠の句の並び方が変わるのに、驚きました。(私は購読だけですが)やはり上位メンバーがある程度、固定化の傾向があるのと、投句者が多くなってくると順位付けが大変だからでしょうね。「舞」も7年立ち、お亡くなりになる方も。

こんばんは、海音さん。

食うことばかりに気を取られていて、季語のことは考えていませんでした。 (^_^)

最近は主催もいろいろ改革をされているようで、順位づけ廃止もメール投句もその一環でしょうね。
順位は真ん中編をウロウロで終わりそうです。上位は常連さんががっちりGuardというところでしょうか。
亡くなられる方々は古くからの方のようで、わたくしはあまり馴染みのない方です。

追伸、『舞』の消息欄で紹介されていた『俳誌要覧 2017年』(俳句四季)にみのさまの句「ごつそりと咲いて〜」が載ってました。この本自体は、角川の俳句年鑑と同様のものですので、図書館で読めば良いと思います。(結構、高いものです^^;)

こんばんは、海音さん。

去年は買いました。ことしは買わなくても良いかなと。
ことしのは俳誌と一緒に送られてきた舞のページのコピーをみると、発行部数が書いてありますね。
ミモザの句は横浜山手345番館で吟行句会をやったときに出したものですね。
「ミモザって悲しいじゃないですか」と、主催言ってらした記憶あります。

みの様 海音様 こんばんは。

先を越されました。。。残念。
私も その本を 昨夜 紀伊國屋書店の 一番上段の
隅っこから 買いました。って 全く 見えなくて 店員さんに
探して貰った。てっきり。。店頭で山積みかと思ってましたが。。。

「舞」と「栴檀」と「南風」のチェックだけしました(笑)
そうなのよ。。。こんなりっぱな雑誌に みの様のお名前と俳句載ってる!
俳人。。。ちゃいますか??おめでとうございます。

今日は この雑誌を読もうと思っていたら 俳句αが届きました。
で そこでは 海音様・黒岩様・村上主宰・津川主宰。。。お写真付きで登場~
特集「明日を担う俳人」です。私 こういう若い人の作品 大好き。

そうそう 若くないけど(笑) すごく可愛い夏井先生も登場してます。

あれもこれも。。読まないと。。と思ってるんですけど 実は 華子。。
ちょっと あちらの趣味に燃えていて。。。あちらです。。。デジタル方面。
今日は一日 あれやこれやと 遊びまくりました~ アンドロイドに挑戦だ!

こんばんは、華子ちゃん。

あんな高い本買ったのですか。
私の句が載っているったってかなりの人数載ってますから、ついでに入れてくれたのでしょう。
去年のは写真がありましたけどね。

デジタル方面が燃えているってなんでしょうかね。化学消防隊が必要ですか。
アンドロイドって新しいメガネですか。 (^_^)

みの様 おはようございます。

>ミモザって悲しいじゃないですか
私も あの色。。楽しいって気分では無いと思います。
ずきんずきん。。と来る。

この雑誌のことは 村上主宰のブログで 初めて知って
そうなのよ・・・お高いし。。きっと 分厚いと思ったんだけど
あまりに 本棚の隅っこにあったので 「なら 買っちゃえ!」と思いました。
これを持って そのあと ヨドバシカメラを ウロウロ2時間。やや 疲れました。

そうか みの様は 昨年 買ったんだ。。。この雑誌 知ってたんですね。
この種の雑誌は 保存版で お高いですね。

おほほほほ。。。。携帯のカメラがダメになったことと 普段 持って出てる
iPodの調子が悪いことで。。。データ通信だけの 格安スマホですよ。
ちょっとネットして 音楽・ラジオドラマ聴いて 写真撮って 電子書籍読んで。
みたいな 私のオモチャです。その設定に 今 燃えてます。

こんにちは、華子ちゃん。

あ~、スマホでしたか。興味は有野ですが、いまだにガラパゴス携帯ですね。
めまい持ちのわたくしにあの画面が動くヤツについて行けるかどうか。

あの本は去年、舞が紹介されるからと句会でお知らせがあり、主催から少しお安く買ったような記憶がありますね。

重い本を持って家電売り場をウロウロですか。足も眼も疲れますね。
ラジオドラマってなんかレトロなものを最新の機器で聞くっつうの流行ってるんでしょうか。 (^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉虚子立子記念館と墓 ④ | トップページ | 鎌倉虚子立子記念館と墓 ⑥ »