無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« カメムシの逢い引き | トップページ | 亀虫の誕生 »

2018年8月30日 (木)

裂かれた古木

Dsc_1420aut20180830

秋の雷裂きたる幹の生々し

 散歩で発見シリーズ第四弾はこれです。生々しい裂けた幹。この近くには、他にも異様な折れ方をした木の幹があり、枝もたくさん落ちていました。木道にも大きな幹が置いてありました。場所は石神井公園三宝寺池の北側。初めは、この間の雷雨の時の強風で倒れたのかと思いましたが、ちょうど通りかかった知り合いの人が落雷のせいだと言ってましたね。そう言われれば、この不自然な折れ方や裂け方は落雷かもしれません。この付近だけが特にひどい状態なのもそうかもしれません。

« カメムシの逢い引き | トップページ | 亀虫の誕生 »

石神井公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメムシの逢い引き | トップページ | 亀虫の誕生 »