無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 金星句会 | トップページ | 24号の台風一過 2018/10/01 »

2018年9月30日 (日)

子規庵と藤田嗣治展 ①

Dsc_1475180929aut
根岸子規庵入口(2018/09/29土)

 秋雨の降るきのうの土曜日に子規庵と上野公園に行きました。山手線の鶯谷駅のこじんまりした北口から出ます。去年は秋に2回行きましたが、何れも北口のトイレは工事中で使えませんでしたが、今年は使えるようにはなってましたが清掃中。子規庵にもトイレはありますからいいんですが。北口からはパンフレットの地図には尾久橋通りからグルッと回る道順が書いてありますが、JRの線路沿いに行った方が断然近いと思います。たぶん、00ホテル街を避けて来るようにという親切心だと思いますが。
 JR沿いの道をしばらく道なりに行って、言問通りの下をくぐり、次を右に曲がればいいのですが、一年ぶりなのでうっかり通り越しました。その次を曲がって、いつもと違う道でしたが、次を右に曲がれば子規庵の入口に着くだろうと歩いていたら、玄関でタバコを吸っているお爺さんに「子規庵に行くんですか」と呼び止められました。何かと思ったら「ここが子規が元住んでいた所なんです。ここで色々な句を作っていた」と言いだし、自宅らしき入口に貼ってある2枚の子規の句についての解説や「上野の山というけど上野の台と言っていた」とかの話を始めましたので20分ぐらい、なるほどと思いながら聞いていました。 つづく

« 金星句会 | トップページ | 24号の台風一過 2018/10/01 »

都内散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金星句会 | トップページ | 24号の台風一過 2018/10/01 »