無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 藤沢探勝④ | トップページ | 藤沢探勝⑥ »

2019年3月 5日 (火)

藤沢探勝⑤

Dsc_2043190217tiriout

藤沢探勝5回目
 マスクしておじさんが柵の修理をしていた黒門(惣門)をとおり、緩い坂を極楽浄土へ向かうごと登っていきますと、東海道随一と言われている木造銅葺の本堂が見えてきました。写真には写っていませんが、左手前には台風で幹が折れた大銀杏、右手には宗祖一遍上人像があり、右手奥と手前入口には白梅が咲いていました。遊行寺は正式には藤澤山無量光院清浄光寺(とうたくさんむりょうこういんしょうじょうこうじ)と号し、時宗の総本山であります。平成31年は時宗二祖他阿真教上人の700年の御遠忌にあたります。また、本堂前の真新しい柱には「南無阿弥陀佛維時平成三十一年二月二十七日大導師遊行七十四代他阿真円厳修」と墨で書かれていました。なお、句にいれた「なむあみだ佛はうれしきか」は宗祖一遍上人が臨終前に最初の弟子の二祖真教上人にかけられたお言葉だそうです。 つづく

« 藤沢探勝④ | トップページ | 藤沢探勝⑥ »

都外小旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤沢探勝④ | トップページ | 藤沢探勝⑥ »