無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑤ | トップページ | 北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑦ »

2019年5月31日 (金)

北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑥

Dsc_2582

 

北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑥
 本堂の入口で靴を脱ぎ、名前を書く紙の付いた洗濯ばさみを靴に着けて靴箱に入れます。中の畳の部屋は、間仕切りを取って広くしたようで、自分で座布団部屋から座布団を取って適当なところに座ります。柱の前に座って寄りかかれるようにしているお爺さんもいましたね。前の方で正座している着物の婦人もいました。とにかくびっしりと座りますので、トイレに立つのも大変ですね。
 午前の講師は若手俳人の神野〇希さんです。はじめに、緊張のためか演台の水の容器を落としそうになりましたが、そこは反射神経のいい神野さん、素早く押さえ事なきを得ました。しかし、話はもう慣れたもので、さすがテレビで鍛えた滑舌のよいしゃべりで、漱石と子規との交流や俳句のことなどを解りやすく話されましたね。句の青葉風は神野さんの名句「起立礼着席青葉風過ぎた」から。 つづく

« 北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑤ | トップページ | 北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑦ »

都外小旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑤ | トップページ | 北鎌倉円覚寺探勝と漱石会⑦ »