無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 深川探勝と清澄庭園吟行句会⑩ | トップページ | 川越春まつり吟行ミニ句会① »

2019年5月 1日 (水)

深川探勝と清澄庭園吟行句会⑪

Dsc_2131190306trimanu

 

深川探勝と清澄庭園吟行句会⑪
 さて、弁当屋でおにぎりも調達したし、あとは園内に入ってお昼を食べながら3句作ろうと、先ほど入口を通り過ぎた清澄庭園に入りました。ここにも外人が来てますね。深川不動尊でもいたし、最近は弁当屋でもコンビニでも外人がレジをやってます。ともかくもなんとか俳句をひねり出しながら、おにぎりを口に突っ込みました。句会は写真の池に張りだしている料亭、ではなく涼亭(りょうてい)という名の所を借りました。使用時刻10分前でしたか、厳守して下さいと係のおばさんにきつく言われて、その時刻になるまでみんなで待っていました。なにしろ事務所で監視していますからとのことで、なるほど、池を挟んで中まで丸見えの場所ですね。
 句会は総勢20人で3句出の3句選内1句特選で、コピーが取れないので、清記用紙を回して選句です。大体コピーでやることが多い句会ですが、久し振りの両国も近いので回しです。しかも隣の人に早く回すように言われ焦りました。何度もこういう句会は経験ありますが、早く回すよう催促されたのは初めてですね。結果はいつものようにさえない1点のみの互選で先生の入選は無しでした。おわり

« 深川探勝と清澄庭園吟行句会⑩ | トップページ | 川越春まつり吟行ミニ句会① »

都内散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深川探勝と清澄庭園吟行句会⑩ | トップページ | 川越春まつり吟行ミニ句会① »