無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 大倉山吟行句会⑥ | トップページ | 大倉山吟行句会⑧ »

2019年6月 3日 (月)

大倉山吟行句会⑦

Dsc_2661190508man

大倉山吟行句会⑦
 大倉山の登ってきたところとは反対の斜面の階段を下りて行くと梅園があります。時期的に青梅が生っており地面にも落ちていました。ここの梅の木は枝が伸び放題で見苦しい限りですが、これも自然なのかと鑑賞します。
 小さい池の所には東屋があり、ちょっと早めのお昼にしました。園児以外はあまり人は来ない所ですね。こういう時季外れに来るのは俳人ぐらいなのか、同じ結社のK山さんに会いました。また、お昼を終えベンチで句作中には山N主宰もお昼をしに来られましたね。話をするのは久し振りです。つづく

« 大倉山吟行句会⑥ | トップページ | 大倉山吟行句会⑧ »

舞俳句会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大倉山吟行句会⑥ | トップページ | 大倉山吟行句会⑧ »