無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 大倉山吟行句会⑧ | トップページ | 新宿区立 漱石山房記念館 »

2019年6月 3日 (月)

大倉山吟行句会⑨

Dsc_2669190508triman

大倉山吟行句会⑨
 大倉精神文化研究所の資料によると、91年前の昭和3年(1928年)6月に、東京横浜電鉄の五島慶太から一山1万坪の土地を買った大倉用紙店の大倉邦彦は、わが国の教育界・思想界の乱れを憂え、大倉精神文化研究所の諸施設を造り、ひとつの完結した世界を造ろうとしました。
 写真は人気の武蔵小杉方面です。高層ビル群が彼方に望めます。このような景色を偉大な二人は想像し得たでしょうか。この高台に建つクラシックな大倉山記念館の一室で句会はおこなわれました。入室は12:50からなので、教会のような直立した背もたれの長椅子がある休憩室で待ちました。そして、乳白色の明かり取りドームの天井の中央階段を昇り句会場に入り、まずは机を句会用に並べ替え、参加料千円を支払いました。3句投句3句選、内1句特選の各自披講です。先生は並選15に特選1で、各句に講評がありました。全員の選句の感想もありました。私の成績は、互選2+先生並選、互選0、先生並選でした。おわり

« 大倉山吟行句会⑧ | トップページ | 新宿区立 漱石山房記念館 »

舞俳句会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大倉山吟行句会⑧ | トップページ | 新宿区立 漱石山房記念館 »