無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 大倉山吟行句会⑤ | トップページ | 大倉山吟行句会⑦ »

2019年6月 3日 (月)

大倉山吟行句会⑥

Dsc_2655190508aut

大倉山吟行句会⑥
 歓成院の山門を出て右に行くと、大倉山の方へ行くらしき裏道がありましたので行ってみました。先ほどの幼稚園の脇道です。住宅街をさらに行くと登りになり、途中から大倉山の急斜面の階段です。樹木に覆われた薄暗い中を登って行くと、写真のオリーブ坂と書いてある山頂部に出ます。すぐそばには東屋があり箱根卯木が咲いていました。ちょうど園児らが引率の先生と階段を下って行くところでした。さっきの幼稚園なのか、別の所のかわかりませんが、ここの吟行の時には必ず園児と会いますね。つづく

« 大倉山吟行句会⑤ | トップページ | 大倉山吟行句会⑦ »

舞俳句会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大倉山吟行句会⑤ | トップページ | 大倉山吟行句会⑦ »