無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

積ん読中の本

  • 飯田龍太: 現代俳句の面白さ
  • 服部土芳: 三冊子
  • 向井去来: 去来抄
  • 与謝野晶子: 新訳源氏物語
  • 俵万智: 愛する源氏物語
  • 高浜虚子: 進むべき俳句の道
  • 山本健吉: 俳句読本
  • 角川書店: 俳句生活 季語の楽しみ
  • 角川書店: 俳句生活 俳句吟行の楽しみ

« 大倉山吟行句会⑦ | トップページ | 大倉山吟行句会⑨ »

2019年6月 3日 (月)

大倉山吟行句会⑧

Dsc_2671190508katamuki

大倉山吟行句会⑧
 梅園の東屋の山N主宰と別れて先に句会場へと向かいました。ここでうろうろしている人はたいがい句会参加の俳人でしょうね。一般の人はほとんど来ません。緩い坂を登り、梅園出口から少し歩いたところの山上に大倉山記念館があります。実業家で東洋大学学長を務めた大倉邦彦(1882-1971)が昭和7年(1932)「大倉精神文化研究所」の本館として創建されたものを、昭和56年(1981)に横浜市が寄贈を受けた施設です。古代ギリシャ以前の”プレヘレニック様式”という世界的にも希少な建築様式を用いたそうです。つづく

« 大倉山吟行句会⑦ | トップページ | 大倉山吟行句会⑨ »

舞俳句会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大倉山吟行句会⑦ | トップページ | 大倉山吟行句会⑨ »